1/4
運動器リハビリテーション室

運動器リハビリテーション室

 

運動器リハビリテーションとは

『運動器』とは骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。

『運動器』に関する主な疾患としては、骨折、変形性関節症、腰痛や頚部痛、肩痛、スポーツ障害などがありますが、

それらは仕事や日常生活、スポーツ動作を困難にし、私たちの生活の質を低下させる大きな一因となります。

『運動器リハビリテーション』とは運動器疾患を持つ人々に対してストレッチや筋力強化などの運動療法や物理療法、

 装具療法などを用いて、身体機能や生活、就労上の問題等の改善を図っていくものです。

 

医師の指示のもと、リハビリテーションの専門職である理学療法士や作業療法士が、患者様の評価を行い、

個々に適した治療プランを立てて、個別の運動プログラムを提供いたします。

運動器リハビリテーションの流れ

診察

医師からリハビリテーション指示

運動器リハビリテーション予約(クリニック、電話にて)

予約当日

当日は動きやすい格好でお越しください。

運動器リハビリテーションは、セラピスト(理学療法士または作業療法士)とマンツーマンでの治療スタイルです。

 

初回は問診と身体評価を中心に行います。

その上で、患者様の状態に応じた治療プログラムを立案・実施し、自宅での運動指導と日常生活の注意点等をお伝えいたします。

 

通常、所要時間は初回40-60分程度いただきます。

※2回目以降の通院頻度や所要時間は症状により異なります。

機器​案内

TECHNOGYM®

Kinesis® - ONEキネシスワン

ファンクショナルトレーニング

フルグラビティーテクノノジーの採用により、単一の筋肉ではなく、キネティック・チェーン全体を活性化します。

​これにより、身体全体を使うダイナミックな動きが可能になり、多様なトレーニング目的に合わせたカスタマイズも可能です。

TECHNOGYM®

EXCITE® RUN 600

トレッドミル     近日導入予定

カーディオマシンの中で最も魅力的なカーディオトレーニングを提供します。

新しい UNITY™ 3.0 およびテレビコンソール、やりがいを感じさせるワークアウト、革新的な機能は、楽しくしかも簡単に成果を発揮できるよう工夫された設計となっています。

TECHNOGYM®

SKILLMILL™ CONNECT 

アスレティックパフォーマンストレーニング

アスレティックパフォーマンストレーニングの中核となっており、

アスリートが日常的に筋力、瞬発力、持久力、敏捷性を高め、安全、且つ集中力を保って、効率よく高度な

スポーツトレーニングに集中できる、効果の高いメソッドを提供できます。

TECHNOGYM®

EXCITE® RECLINE

カーディオ

穏やかなカーディオ アクティビティのためのマシンです。

ウォークスルーがワイドなため、バイクの乗り降りが楽です。

動作の不自由な方や体格の大きい方でも楽にアクセスできます。

TECHNOGYM®

EXCITE® BIKE

​バイク                     近日導入予定

1台のバイクで3台分の機能

ハンドルバーの特殊なデザインにより、次の3通りの異なるトレーニングポジションが使えます。

​標準、シティーバイク、レースシュミレーションポジション。

Hogrel®

DP-S  ディッピングS

Dynamic Motion

Q.DPsはどんなマシンなの?

ディッピングの機能をコンパクトにしながら、

多彩なセッティングが可能な高機能マシンです。

Q.DPsは何に対して有効なの?

心地良い動的ストレッチは血液リンパの循環を促します。

肩・肘・首などに問題を抱えている場合は、

痛みのない範囲で、低負荷の反復を行うことで、

これらの症状に対して改善が期待出来ます。

肩が痛く肘が上がらないケースではしばしば、

上腕と肩甲骨の連動性が落ちていることが見受けられます。

ディッピングを適切に行うと肩甲骨周辺のインナーマッスルを柔軟にするので、

リズミカルに肩甲骨を動かせるような動きの再習得にも役立ちます

さらに肩周辺のみならず、脇腹へもアプローチをしてストレスを緩和できます。

力みが少なく痛みを伴わない動作が好循環を生み、筋を活性化させます。

 

Q.競技力の向上は見込めるの?

競技動作での腕肩の動きを良くする時に、

肩甲骨周辺筋群の弾力性と伸張性は重要になってきます。

動作時の肩甲骨の硬化は、肩や肘、手首などの怪我のリスクとも直結します。

ディッピングを使い、動的ストレッチ要素の高いトレーニングを行うことで、

肩甲骨周りの筋肉の柔軟性や、伸張反射、回旋、SSCと高めていきます。

ボールを投げる、バットを振る、ラケットを振る、スパイクを打つ、

水を掻くといった動作で使われる筋肉の弾力性と伸張性を高めることで、

競技のパフォーマンス向上が期待できます。

また、使われていない部位を効果的に使う事でパワーの向上が期待できます。

Hogrel®

IT-S  インナーサイS

Dynamic Motion

Q.インナーサイはどんなマシンなの?

脚を開閉することで股関節周りの柔軟性を改善するマシンです。

Q.インナーサイは何に対して有効なの?

腰痛の改善に股関節の柔軟性の向上が有効なことは広く知られています。

開脚動作の柔軟性向上は、後傾した骨盤の調整につながり、

腰背部の緊張緩和になります。同様に外旋筋の調整も腰痛改善に効果があります。

インナーサイを使えば内外旋を伴った開脚閉脚動作という、

日常で行いにくい動作を、低抵抗負荷で反復することが可能です。

内転筋をはじめとする関連筋の調整、股関節可動域の改善に有効です。

Q.競技力の向上は見込めるの?

内転筋が柔軟であると股関節の内旋が容易になり、

身体の中心からの力の伝達効率が上がります。

末端に力を伝える機構の改善につながるので、パワーの向上が期待できます。

また伝達効率の改善は、スタミナの向上にも寄与します。

後ろ向きになり臀部の筋郡アプローチすることで、コンディショニング向上効果も期待できます。

Hogrel®

NTH  ネバータイトハム

Dynamic Motion

 

Q.NTHはどんなマシンなの?

西良浩一先生監修のジャックナイフストレッチ(タイトハムストレッチ)理論に

基づく、アクティブスタティックストレッチも可能なマシンです。

Q.NTHは何に対して有効なの?

タイトハムストレッチとは、股関節が曲がっている状態から始め、

膝の運動でハムストリングスを伸ばす新しいストレッチの方法です。

股関節をロックして 膝を伸ばすことで、 クワド(大腿四頭筋)に力が入ります。

反対側のハムストリングスには、 相反抑制がかかり緩もうとします。

膝の伸筋群を伸ばすことによって、 反射をハムストリングスに与え、

更に伸びようとする反射を利用して伸ばしていきます。

通常は立位で行うストレッチですが、高齢者や腰痛の方などには難しい側面もありました。

新しく開発されたホグレルのマシンによって、

タイトハムストレッチをダイナミックに無理なく行う事が可能になりました。

​​髙木整形外科医院 

整形外科・スポーツ整形

〒773-0003                              TEL 0885-33-1133

徳島県小松島市松島町8-23    FAX 0885-33-1134

​              info@takagiseikei.jp

 

ペインクリニック整形外科

​リハビリテーション科・リウマチ科

MENU

髙木整形外科医院

整形外科・スポーツ整形・ペインクリニック整形外科

リハビリテーション科・リウマチ科

〒773-0003 

徳島県小松島市松島町8-23

TEL 0885-33-1133

FAX 0885-33-1134

E-mail      info@takagiseikei.jp

診療時間: 9:00-13:00

                       15:00-19:00

休診: 日曜日・祝日

Copyright © 2019.TKG.Clinic All rights reserved.